【アイスホッケー】【アイスホッケー】全勝の首位日大に善戦!試合の行方はGWS戦へ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

関東大学アイスホッケーリーグ戦Div.Ⅰ-B 2018年11月18日於・ダイドードリンコアリーナ

◆結果◆

青学大1-2日大

(GWS負け)

◆得点者◆

第1ピリオド

9分10秒 #8清野煕紀(アシスト=#11佐久間俊人、#18深谷駿介)

前日の大東文化大戦で課題が見えた青学大。中24時間開けずに次の試合という過酷な状況だが、気持ちを切り替え、また試合に出ることができない仲間の分も堂々と戦い、惜しくもGWS(ゲームウイニングショット)戦負けは喫したものの、ここまで全勝の首位日大に対し第3ピリオド途中までリードする戦いを見せた。

 

第1ピリオド、序盤から目まぐるしく攻守が入れ替わる展開が続いた。ここまでリーグ戦全勝の首位日大が青学大ゴールに襲いかかると、青学大も#77星野匠や#8清野煕紀らが積極的にシュートを放ち日大ゴールに迫る。

均衡が破れたのは9分10秒、マイナーペナルティ(2分間退場者)が出た日大に対し数的有利な青学大攻撃陣が波状攻撃を見せ、最後は#8清野がゴールをこじ開けた。反撃を狙う日大も猛攻を見せるも組織的に守り、追加点はならなかったが、#11佐久間俊人や#10貝沼瑳恭らがカウンターでいくつかの得点機を演出した。

 

昨日魔の時間帯となった第二ピリオドだったが、「気持ちを切り替えて前向きな戦う姿勢があった」と塚田監督が語ったように、今日は選手たちの目の色が違った。依然ゴールを狙ってくる日大に対し、体を張りシュートを打たせない。

また、攻撃では#22越川諒大主将が遠くからでも積極的にゴールを狙うなど一進一退の攻防。結局第二ピリオドは両者得点なし。シュート数も青学大4-5日大と均衡具合がうかがえた。

 

運命の第三ピリオド、虎の子の1点を守り、さらには追加点を狙いたい青学大だったがこれまで以上に激しい攻撃を仕掛ける日大に対して疲れからか反則を取られてしまうシーンが目立ち始める。

7分38秒、#55ウィルソン海がチャージングでゲームアウトを宣告されてしまう。さらに、#71高橋廉と#77星野が立て続けにマイナーペナルティをもらうとフィールドプレーヤーが相手より2人少ないという絶体絶命のピンチに。ここは全員で守り切ったものの、16分24秒についに同点に追いつかれてしまう。

さらに攻撃の手を緩めない日大に対し、人数の少ない時間が続きながらも#12石川優介や#77星野が体を投げ出してシュートをブロックするなど必死のディフェンスを見せた。

終了間際、日大選手の放ったシュートが青学大守備陣の足元をすり抜け万事休す…と思いきやこのシュートは第三ピリオド終了のブザーの後に放たれたものと判定され九死に一生を得た。

 

激戦の行方はGWS(ゲームウイニングショット=サッカーのPK戦のようなもの、リンク中央からパックを運び、ゴーリーとの1対1をサドンデスで行う)戦へ。

しかし一本目、#9渡辺大智のシュートは日大GKに阻まれ対する日大#10川口のシュートは無情にもゴールへ。二本目は#35西村一彩がセーブしたものの、青学大は0ゴール。後攻・日大の3本目を待たずに勝負が決してしまった。

 

冒頭にも記したが、過酷な状況の中気持ちを切り替え敗れはしたものの素晴しい戦いを見せた青学大。塚田監督が「青学の正念場」と語るリーグ戦最終盤へ、冷たい氷上の熱い戦いから目が離せない。(竹石季緒)

~以下インタビュー~

塚田監督インタビュー

試合を振り返って――

昨日の敗戦を受けて24時間たってない中での試合で、選手がどういう状況かな~と朝来てみたら、気持ちを切り替えて前向きな戦う姿勢があってちょっと安心しました。昨日の今日なので気持ちだけの問題なのでそこを前面に押し出して、とにかく実行できるようにという事で今日は皆体を張っていてできていたかな、と思います。

 

ディフェンスが際どいところでうまく防げていたが――

昨日一人ゲームアウトになって、出場停止になったのでディフェンスが少ない中、みんなで体を張らないと勝てないという意思統一は出来ていて、守りきれたかな、というのはあります。

 

試合の中で反則が大きなカギに見えたが――

1ピリ2ピリは少なかったのですが、3ピリになって、致し方ない部分もあったのですが、今日の部分に関しては昨日や前の試合のようなそんなに注意する反則ではなかったです。ただ、立て続けに起こってピンチになるというのは自分たちの首を絞めてしまっているので注意していかなければいけないのですが、そういう悪い流れを断ち切るためにまず自分たちで体を張って足を動かさないと、どうしてもピンチになるとスティックで引っ掛けたり、上から後ろからチェックしたりという風になっていくので、そこは今後もなるべく気を付けなければいけないと思います。

 

残りのリーグ戦に向けて――

来週も連戦がある中、今日も一人退場して、たぶん何試合か出られないのでディフェンスが二人いなくなる、あとけが人が出てしまっているので、少ない人数の中より少ない人数でやらなければならないので、ここが青学の正念場としてリーグ戦残り3試合戦い抜いてインカレに向かっていきたいです。

 

佐久間俊人副将インタビュー

今日の試合を振り返って――

先制出来て流れがつかめたので、その点は良かったです。あと昨日の試合で一人出られなくなってしまい、その分選手が(試合に)出る機会が多くなってより責任感という部分が増えて、体を張る選手が多くいてよかったかなと思います。欲を言えば最後守り切って勝ちたかったというのはありますが、その過程は悪くはなかったと思います。

 

自身のアシスト含め、攻撃について――

一人多い中で、パワープレーで決める場面が秋季リーグの中で多かったので、チャンスを決めきれてよかったです。

 

ディフェンスで体を張るシーンが目立ったが、昨日からの切り替えについて――

昨日派手にやられてメンタルがきていたのですが、昨日厳しい言葉を言いながら今日は切り替えてできたので、今日の体の張り方は悪くないかなと思います。

 

自身最後のリーグ戦、残り3戦の意気込みを――

三つとも落とせない試合なので去年よりも上の順位を目指していきたいと思います。