【女子ラクロス】【女子ラクロス】リーグ白星スタート!昇格へ向け前進!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

関東学生リーグ2部Bブロック 対 東女体大 於 アミノバイタルフィールド

◆結果◆
青学大○7‐4●東女体大

前半 2‐3
後半 5‐1

昨年度2部に降格し涙をのんだ青学大女子ラクロス部。東女体大とのリーグ初戦を迎え、いよいよ1部の舞台へ返り咲くための戦いが始まった。

前半開始早々、東女体大のペナルティによって青学大はフリーシュートの権利を得る。縣永理(4年)は直接シュートを狙うのではなく古澤愛梨(3年)へパス。古澤がゴール左からシュートを放ち、先制点を決める。この勢いに乗った青学大は相手陣内へ攻め込み、先制ゴールを決めた古澤が再びゴールネットを揺らした。

%E5%A5%B3%E3%83%A9%E3%82%AF%EF%BC%92.JPG

ここで差を広げたい青学大だったが立て続けに2点を決められ、その5分後には逆転を許し2‐3で前半を終えた。

逆転を狙う後半。始まってすぐにフリーシュートのチャンスが与えられたが決まらない。しかし、直後に岩部香(2年)がシュートをきっちり決め、同点に追いつく。

%E5%A5%B3%E3%83%A9%E3%82%AF%EF%BC%93.JPG

ゴール正面からシュートを打たれるピンチを防ぎきり、仲西麗(3年)からボールを受け取った柏木葵(3年)が逆転ゴール。柏木がもう1点を決め、5‐3となりすっかり青学大のペースに。ゴーリーの好プレーによりリードを守り、青学大にさらなるチャンスが訪れフリーシュートで直接ゴールを狙う。1度は弾かれるも、仲西が返ってきたボールをそのままゴールに押し込んだ。そして柏木が自身3点目のシュートを決め、東女体大を突き放す。

%E5%A5%B3%E3%83%A9%E3%82%AF%EF%BC%94.JPG

終了間際に1点を返されたが、青学大は初戦を勝利で飾った。

%E5%A5%B3%E3%83%A9%E3%82%AF%EF%BC%95.JPG

今年度掲げている、“常勝”。1部に昇格するためには勝たなければならない。昨年度の悔しさを胸に青学大は前進していく。(原しおり)