【男子バスケットボール】前田、高橋両選手がプロの舞台へ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

1月21日に青学大男子バスケットボール部#13 前田悟(総4)がB1中地区の富山グラウジーズに、昨日1月25日に#10 高橋浩平(総4)が同じくB1中地区の新潟アルビレックスBBに特別指定選手として加入することが発表された。

 

前田は山形県の強豪、山形南高校出身でU-17日本代表の経験もあるSF(スモールフォワード)。積極性と勝負強さを兼ね備え、青学大でも攻撃の柱としてチーム最多の得点を重ねた。

大学時代から一つ軽くなった背番号12を背負い、CS(チャンピオンシップ)の出場権争いを繰り広げるチームにフレッシュな風を巻き起こしたい。

富山加入が発表された#13 前田

高橋は新潟県の十日町高校出身。世代別日本代表に3度選出されている経験豊富なC(センター)だ。

地元・新潟の声援を背に、198cmの長身を生かしたBリーグでも貴重な日本人ビッグマンとしての活躍が期待される。背番号は大学時代と同じ10番と発表されている。

地元・新潟への加入が発表された#10 高橋(手前)

大学の4年間を共に闘った二人が今度は同じ中地区のライバルとなる。なお、両チームの次の対戦は3月13日(於・富山市総合体育館)だ。(竹石季緒)