【バドミントン】【女子バドミントン】入替戦に勝利し、1部残留

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

関東大学春季リーグ 入替戦 於千葉商科大学

◆オーダー◆
第1シングルス 大堀優(3年)
第2シングルス 久保汐莉那(4年)
第1ダブルス  小橋霞(4年)・俣野愛実(4年)
第2ダブルス  大堀優・寺田桃香(2年)
第3シングルス 小橋霞

◆結果◆
青学大◯3-1●明大
○大堀2(21-18、21-16)0
×久保0(18-21、14-21)2
○小橋・俣野2(21-15、21-16)0
○大堀・寺田2(19-21、21-17、21-18)1

青学大は関東大学春季1部リーグで最下位となり、1部・2部の入替戦に回ることとなった。
対戦相手は幾度となく入替戦を戦ってきた明大。昨秋1部に復帰した青学大にとって、絶対に負けられない1戦だった。結果は3-2で勝利し1部残留を決めた。

1バドミントンS

第1シングルスは春季リーグでも活躍を見せた大堀が登場。第1ゲームは相手のミスを誘い得点を重ね、リードする展開とし21-18で先取。続く第2ゲームは序盤からとばし点差を広げる。中盤追い上げられる場面もあったが、その後突き放し勝利。1部残留へ幸先の良いスタートを切った。

バドミントンS2

第2シングルスには久保が出場。第1ゲームでは先に11点をとり、休憩へ。しかしゲーム再開後、相手に連続ポイントを許しこのゲームを落としてしまう。続く第2ゲームでは序盤競りながらも終盤は粘り切れず惜しくも敗戦。1勝1敗となった。

バドミントンD1

第1ダブルスには小橋・俣野の4年生ペアが登場。第1ゲーム、序盤はリードを許しながらも落ち着いたプレーで着実に点数を重ね21-15で第1ゲームを先取。続く第2ゲームは第1ゲームの勢いそのままに終始リードを保ち勝利。小橋主将が「第1ダブルスが取れたことはすごく大きい」と振り返るように1部残留を引き寄せる1勝となった。

バドミントンD2

第2ダブルスは大堀・寺田のエースペアに託された。プレッシャーがかかる中、終盤ミスからの連続失点が響き第1ゲームを落としてしまう。第2セットは21-17で取り、ゲームカウント1-1に。迎えた最終ゲームはお互い1歩も譲らない接戦となる。しかし、最後まで集中力を切らさず21-18でこのゲームをものにした。1部残留を決めた瞬間だった。

「1人ひとりが頑張って、応援も頑張ってくれた」と小橋主将が語るように、まさにチーム一丸でつかんだ勝利。勝利の喜びに浸りつつも、気持ちはすでに秋に向かっている選手たち。秋季も女子バドミントン部の1部での戦いに注目だ。(舟橋冴香)
一寸木監督のコメント
「1部で戦ったということで力が付いたというか、安定感があったと思います。しかしもう少し1部でやったことを入替戦でいかせればなと。やっぱり1部2部の違いというのは自分からのミスとか、点数を続けて取られるというのはない。トリックの中で勝っていく(今日の)ダブルスのように競りながら勝つのが普通。点を取られるのは仕方ないけれど、続けてミスしないとか自分のミスで点数を相手にあげないということ、そこが個人個人の反省点として残ればいいですね。2年生から4年生までが役割として試合に出られた。去年まではこの2人(大堀・寺田)がシングルスで勝って、ダブルスでも勝ってという上級生不在のチームだったが、この入替戦では4年生が柱になったことが1番良かったです。今後は簡単に攻められない、四隅をしっかりとつくようなことをしていかないと1部では勝てないので強化したいです」
小橋主将
「試合前は本当に勝つことだけを考えていて、チーム状態は今までの中で1番いいと思っているので、チームがひとつになるということは心配せず、ただ勝つということだけを考えていました。第1シングルスを取って、第2シングルを落としてしまい、第1ダブルスが取れるか取れないかがすごい大きかったです。そこで取れて、最後第2ダブルスで我慢して我慢して勝ってくれたので。1人ひとりが頑張って、応援も頑張ってくれたということが良かったですね。1部残留を決めてとりあえずホッとしています。あと1部でもやれなくないとすごい思ったので秋はもっと頑張ろうかなと、もう次への気持ちです。今後は球の質をあげていくのと我慢できずに自分からミスしてしまうことが多いのでそこを強化していきたいです」