【陸上競技】【陸上競技】三大駅伝報告会開催!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

三大駅伝報告会 3月17日 於・ザ・プリンスパークタワー東京 コンペティションホール

 

3月17日、ザ・プリンスタワー東京で三大駅伝報告会が行われ、会場には大学関係者やファンを含め1800人が集まった。

 

まずは監督と森田前主将の挨拶から始まった。

監督は「支えてくださっている皆様や卒業生の力が土台となって今の青山学院がある。監督業を去ろうとも考えたが、箱根駅伝準優勝はまだまだ続けなさいよというメッセージ。これからも愛される青山学院をつくっていきたい」と感謝と決意を述べた。

森田前主将は「箱根駅伝の往路は残念な結果だが、あの復路の走りができたチームを1年間つくってこられたことはうれしい。(来年の)箱根駅伝では青学大が優勝してくれると思うので、これからも変わらぬご声援よろしくお願いいたします」と主将としての最後を締めくくった。

 

 

特別ゲストとして、2019・ミスインターナショナル日本代表に選ばれた、青学大2年の岡田朋美さんが登場。「念ずれば叶う」Tシャツをまとい、原監督もうれしそうな様子を見せた。

 

 

さらに、もう1人の特別ゲストである郷ひろみさんも登場し、会場は驚きと歓声に包まれた。箱根駅伝の「ゴーゴー大作戦」や総合記録10時間55分5秒にちなんだ出演だという。

挨拶の最後には「青学の勝利に向けてゴー、ゴー、ゴー!」とエールを送り会場を盛り上げた。

 

 

 

 

 

乾杯の後は、ファンとの交流・写真撮影へ。時間に限りがあり、列に並んでも握手のみとなってしまう場合も見られた。

 

 

 

そして、カレッジソング斉唱。

 

 

最後は選手が出口に並び、お見送りを行った。

 

終始和やかな雰囲気の中で行われた2時間の報告会は幕を閉じた。(圷彩那・嶋瑞希)

 

 

 

~以下、挨拶全文~

原監督

「三大駅伝報告会にようこそおいでいただきました。今日は1800人の方にご来場いただいているようです。参加されている方の年齢層の方も10・20代女性の比率が30㌫以上、男女比の方も8割が女性ということで青山学院はここまで愛されているんだなあと改めて感じているところでございます。

私からは強化部になってから16年の歴史について少しお話をさせて下さい。

この3月末をもちまして私は(監督生活)15年を終えまして4月から16年目を迎えます。三大駅伝につきましては出雲駅伝で4度の優勝。全日本大学駅伝で2度の優勝。そして箱根駅伝で4度の優勝。三大駅伝で計10度の優勝をさせていただくことができました。

しかし、これも強化部としてご尽力を頂いた当時の半田学長先生、そして当時の陸上競技部コーチ伊藤先生、そして当時の中西OB会長をはじめとする歴代の院長先生・理事長先生・各学部の先生・教職員の皆様方そして支援を頂いている校友の皆さん、多くの方々のお支えがあってまずは強化部としてスタートしたというところから始まっているんですね。

今年16期生14名の学生を新しく“青山ファミリー”として迎えることができました。同時に12期生14名の学生が今年卒業することになります。のべ人数で120名ほどの卒業生が社会に旅立っていることになります。OB・OGは生命保険や損保会社あるいは金融機関、IT業界あるいは大手ゼネコン、大手電機メーカーや大手スポーツメーカー。さらに大手お菓子メーカー、プロのトレーナーを目指す者、教員として活躍する者。あらゆる分野に進出し、青山学院OB・OGとして社会で活躍をしてくれています。

実業団選手として活躍してくれている卒業生もいます。調べたところ約20名の卒業生が実業団で活躍し、1名がトライアスロンで東京オリンピック代表選手を目指して活躍してくれております。また、MGCシリーズにおきましては卒業生から3名予選会の代表に選ばれております。この数字は東洋大学さんの4名、そして駒澤大学さんの3名に続くものでございます。

おもしろいことに一番最初にMGCを獲得したのは箱根駅伝を1度も走ることができなかった橋本(=峻 現・GMOアスリーツ)選手です。山の神・神野大地の陰に隠れ、4年間サポート役として部を支えてくれました。その悔しさをバネに卒業生として最初にMGCを勝ち取りました。彼は夏の暑さにも強いので本番の9月15日の予選会では必ずや活躍してくれると期待しております。

また、中国電力所属の藤川拓也は箱根駅伝初優勝時の優勝メンバーでございます。彼は本来メンタルが非常に弱い子でした。しかし、弱さを自分自身で感じ、自分自身でお金を払ってメンタルトレーナーを雇い、自分自身の心を鍛えている男です。結果として好成績でこれまたMGCを獲得いたしました。

3人目は神野大地(現・セルソース)。プロランナーとしてケニアに練習に行ったりするなど覚悟を持って陸上競技に向き合っています。

これら多くの卒業生、また支えていただいている関係者の皆さま方の力が土台となって今日の青山学院の存在があるということを私自らも感じなければいけませんし、そうしたものを現部員たちに私が伝えているところでございます。

本来であれば三大駅伝今年勝たさせていただきまして、ひっそりと監督業を去っていこうかなという風に思った瞬間もあったわけなのですが、箱根駅伝準優勝はまだまだ続けなさいよというメッセージだと思っております。これからも愛される青山学院を作っていきたいと思いますのでこれからも多くの皆さんの温かいご声援のほどよろしくお願いいたします。」

 

 

森田前主将

「今年1年間チームとして年度初めに大学駅伝3冠箱根駅伝5連覇というものを目標としてチームを運営してきました。結果としましては出雲駅伝、全日本大学駅伝に関しては優勝。箱根駅伝は準優勝ということで当初の目標は達成することができませんでした。しかし、それでも出雲駅伝では1区からの完全優勝。全日本大学駅伝では逆転優勝。箱根駅伝では復路優勝ということで青学大の強さというのは見せることができたのではないかと思っています。

今年1年間自分たち4年生がチームを引っ張ってきて、その中でまずは箱根駅伝の前に3冠に挑戦する権利を得ることができたことは誇りに思いますし、往路は残念な結果で終わってしまったのですが、その中でも諦めずに復路はあのような走りをすることができた、そういったチームに今年1年間作っていくことができて自分としても4年生としても嬉しい限りです。

この先厳しい戦いもあると思うのですが、自分たち4年生がここまで成長できたのは本当に監督をはじめ、お集まりいただいている方々の力があってこそだと思っています。

新しいチームが始まっていますけど箱根駅伝で青学大がしっかり優勝してくれると思うので、これからも変わらぬご声援よろしくお願いいたします。」

 

 

郷ひろみ氏

「自分の二人の息子が幼稚舎におりまして、そのご縁もありまして、飛行機の時間を変えて馳せ参じた次第でございます。

自分のことなんですけど、『新御三家』と言われた野口五郎・西城秀樹そして僕なのですが、1975年の日本レコード大賞の時に、まず野口五郎の名前が呼ばれて次に西城秀樹の名前が呼ばれました。ところが僕の名前が呼ばれることはなかったんですね。

でも、やはりその時の思いだったりとか悔しさ、そして自分の力の無さがきっと自分をずっと引っ張っていく大きな要因の一つになったんじゃないかなと思います。

人生というのは多くのことを学んでいって、自分自身がどのように受け取るかで変わっていくんだなと思っています。

今回、本当に多くの方々が箱根駅伝に関わって、ものすごく貴重で大切な経験をされたんじゃないかなと思います。この経験を活かして、これからも是非頑張っていただきたいと思います。そして陸上という分野で走り続ける人もいれば、先程原監督お話しされたように会社で自分の人生を生きていかれる人もいる。どちらにしても走り続けていくんだろうなと思って聞いていました。素晴らしい自分の人生をどうぞ歩んでいって下さい。そして、走り続けて下さい。」

 

 

岡田朋美さん

「今日は原監督の『念ずれば叶う』Tシャツを着て参加させていただいたこと、本当に嬉しく思っております。ありがとうございます。

私は11月にミスインターナショナルの世界大会を控えておりますが、いつも原監督をはじめ、部員の皆さまから戦うことの勇気だったり努力し続けることを勇気づけてもらっています。世界大会のモチベーションもすごく高まっていて、いつも駅伝の部員の皆さま・監督にはすごく感謝しています。来年度もこの会場にいる皆さまと一緒に一生懸命応援したいと思います。今日は本当にありがとうございました。」