【硬式野球】【硬式野球】佐野の逆転弾で開幕戦白星スタート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

東都大学野球1部春季リーグ戦 対 亜細亜大 於 神宮球場

◆結果◆

亜細亜001300000|4
青学大10010400×|6

◆スターティングメンバー◆

1(一)佐野力也
2(二)吉田聖哉
3(左)吉田正尚
4(中)杉本裕太郎
5(遊)小林諭尚
6(右)熊谷童夢
7(指)渡邊友太郎
8(三)安田紘規
9(捕)加藤匠馬
投手 福本翼ー白石猛紘ー高橋京介

快晴の空の下、開幕戦を迎えた東都大学1部リーグ。昨年度5位に終わった青学大は連覇中の亜大と対戦。初回に吉田正のソロホームランで先制するも投手陣が踏ん張れずに4点を失ってしまう。だが、点を取られた直後の4回に安田のタイムリーで2点差に縮めると6回には再び安田のタイムリーで同点、さらには佐野のホームランで逆転に成功する。投げては6回からリリーフした高橋京介が好投。そのまま逃げ切り開幕戦に勝利した。

初回2死ランナー無しの場面で3番吉田正が亜大先発九里からライトスタンドへソロアーチ。青学大が先制する。

先発福本は毎回ランナーを出しながらの立ち上がり。初回2回はしのぐも3回、先頭打者にツーベースを打たれる。犠打で送られ迎えた1死3塁の場面、きっちり犠牲フライを打たれ、同点に追いつかれる。
4回、先頭打者の飛球が強風に流され3塁打となり無死3塁のピンチ。ここで河原井監督は2番手白石に交代する。だが白石は1死後タイムリーを打たれ逆転を許す。盗塁後、連打を浴びてさらに2点を奪われ1-4。しかし4回に死球と敵失でもらったチャンスで安田がタイムリーを放ち2-4。

青学大打線が九里をとらえたのは6回。熊谷・渡邊の連打で1死1,2塁とすると、8番安田が外角の球を引っ張りレフトの横へ落ちる2点タイムリー。3点のビハインドを跳ね返し青学大が同点に追いつく。9番加藤が凡退するも1番佐野の打球はレフトスタンドへ。6-4と再び青学大がリードを奪う。

6回からマウンドに上がっていた高橋がそのまま9回まで亜大打線を抑え勝利。

3番吉田のホームランで先制。6番熊谷・7番渡邊で作ったチャンスを8番安田がものにし同点。最後試合を決めたのは1番佐野の一振り。上位下位関係なく得点を奪った新生青学大打線。今後も投手を援護し、白星を積み重ねていきたい。(山田幸永)

<選手コメント>
渡邊友太郎選手
3年間諦めずにやってきて、こうしてスタメンで出て初ヒットを打つことが出来た。ムードメーカーとして、チームの優勝に貢献できるよう頑張りたい。

高橋京介投手
逆転してもらってからは緊張した。先発を目指して頑張っていきたい。