【硬式野球】【硬式野球】亜大に完敗、勝ち点落とす

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

東都大学野球1部春季リーグ戦 対 亜細亜大 第三戦 於 神宮球場

◆結果◆

亜細亜100100000|2
青学大000000100|6

◆スターティングメンバー◆

1(一)佐野力也
2(二)吉田聖哉→酒井勇輝
3(左)吉田正尚
4(中)杉本裕太郎
5(遊)小林諭尚
6(右)熊谷童夢→山口雄大→内田遼汰
7(指)渡邊友太郎
8(三)安田紘規
9(捕)加藤匠馬
投手 高橋京介→白石猛紘

今季こそ優勝を狙う青学大。開幕戦は亜大を相手に見事な逆転劇を見せつけた。
しかし翌日の第二戦は強打の亜大打線に捕まり、1-9と大敗してしまう。投打共に切り替えて臨みたい第三戦であったが、昨年度覇者・亜大を前に打線を奮起させられず連敗。初戦の勝ち点を逃してしまった。

青学大の先発は第一戦で6回からリリーフし、無失点に抑えた高橋。しかし前日の雰囲気を拭い切れない。初回、先頭打者にファーストのエラーで出塁されると、犠打、内野ゴロで3塁に進まれる。4番打者に四球を与えた高橋は続く打者に適時二塁打を放たれ1失点。亜大打線を勢いづけてしまう。

IMG_9321.JPG

1回裏、青学大からもランナーが出る。2死から3番・吉田正のバントを捕手がエラー。4番・杉本が四球で出塁し得点圏にランナーを進めるも、5番・小林のヒットは出ず。追う形でのスタートとなった。

2回表・3回表にはヒットを打たれるも、盗塁を刺す捕手・加藤の好プレーに救われる。しかし4回表、代打・渡に二塁打を打たれ、続く打者にも連続ヒットを許し1点を追加される。

青学大打線が動いたのは7回裏。小林が沈黙を破る左中間へのヒットを出すと、6番代打・山口が犠打で送る。ここで7番・渡邊の適時二塁打が飛び出し、1点差に迫った。続く8番・安田のヒットで亜大・九里を降板させたが、青学大の反撃もこれに留まり以後ヒットは出ず。亜大に勝ち点を奪われた。

IMG_9402.JPG

敗北したものの、三戦を通して継投や代打のパターンを模索した青学大。8回から登板した白石はテンポよくアウトを取り、「リリーフで力を発揮できるタイプだ。今後は攻撃にリズムを生むような投球がしたい」と話した。

IMG_9416.JPG

また第二戦に代打で出場、好機を作るヒットを放った酒井の打撃が今後期待される。エースの復活が待たれる中どう戦っていくか。来週に控える中大戦では、起用された選手一人ひとりがチャンスを作り、勝利を目指す。(中山柚希)