【硬式野球】【硬式野球】投打噛み合わず中大に敗北 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

東都大学野球1部春季リーグ戦 対 中央大 第2戦 於 神宮球場

◆結果◆

青学大 2000002200|6
中央大 000100024x|7

◆スターティングメンバー◆

1(一)佐野力也
2(二)酒井勇輝
3(左)吉田正尚
4(中)杉本裕太郎
5(遊)小林諭尚
6(指)渡邊友太郎
7(右)佐藤将→熊谷童夢→山口雄大→久保田大智
8(三)安田紘規
9(捕)加藤匠馬
投手 田中一也→白石猛紘→田村嘉英→長谷川陽亮

亜大戦を落とした青学大は中大と対戦。前日島袋に抑えられた打線が奮起し中盤には5点リードとする。しかし投手陣が粘れず逆転負け。2カードを終えて勝ち点は未だ0と波に乗れない。

初回から試合は青学大ペース。先頭打者佐野が出塁し2盗。1死後3番吉田正の2ランで先制。その後も小林が安打から2盗しチャンスを迎えるも佐藤は三振に倒れ、初回は2点止まり。

先発は離脱していた田中。3回までは球威で相手打者を圧倒するも、4回にはストレートの球速も5kmほど落ち、つかまり始める。1点を返されるもリードを保ったまま中盤へ。

こう着状態の中、次に点を取ったのは青学大だった。6回1死満塁から佐野の安打と酒井の犠飛で2点を追加。7回にも山口のタイムリーと加藤の犠飛で2点を追加。6-1と突き放す。

田中からマウンドを受け継ぎ好投を見せていた白石だったが7回ランナーを残して降板すると3番手田村がランナーを返され2失点、リードは3点となる。逃げ切りたい青学大だったが無死満塁としてしまうと松田に左中間を破られ同点、4番手長谷川にスイッチするも3塁ランナーを返され逆転される。

9回先頭の小林が右安で出塁するとワイルドピッチと犠打で1死3塁のチャンスを迎える。久保田の打球はライトへの浅いフライ。小林が本塁を狙いきわどいタイミングになるも判定はアウト。敗戦が決まった。

リーグ前には齋藤田中福本という3本柱を計算していたが故障などで揃ってはいない。高橋京介や白石といった投手が出番を与えられ活躍を見せているがやはり2枚では厳しい。亜大・中大という優勝候補から勝ち点を取れず苦戦を強いられているが、このままズルズルいくわけにはいかない。秋季の屈辱を避けるためにも勝ち点が必要だ。(山田幸永)