【準硬式野球】【準硬式野球】4点差同点も終盤ミスで連勝逃す

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

東都大学準硬式野球春季リーグ 対中大 4月28日 於・上柚木公園野球場

◆結果◆

青学大000002200|4
中 大10200011 ✕|6

◆メンバー◆

1遊 石野田颯馬
2三 佐々井
3二 中島多一
4右 塩田崇真
5捕 佐々木大地
6左 小池豪
7一 塚本慎一郎
8中 友清慶啓
9指 土屋勇貴
P田中岳大→向井

青学大は前日に1部復帰後初勝利を挙げた。勢いそのままに連勝を狙ったが、終盤に失策絡みで失点し、競り負けた。

終盤の失点が響き連勝とはならなかった

青学大先発の田中は、初回に1点を失うが粘りの投球を見せる。アンダースローから持ち味の緩急を活かし、中大打線を6回まで4失点と何とか試合を作った。

力投する田中

打線は中大先発の小澤を捉え切れず、6回まで得点を奪えない。それでも石野田主将は「最初は(小澤投手の速球が)速いなとは思ったが、打てるという感覚はあった」と焦りはなかった。

5回裏の守備で、サードの佐々井が攻守を見せるとそこから流れが一気に変わる。

6回表、9番土屋、1番石野田の二塁打の連打でチャンスを作ると、2番の佐々井がレフトオーバーの二塁打を放ち、この回で2点差まで詰め寄る。

タイムリーを放つ佐々井

さらに7回には、7番塚本がレフトオーバーの二塁打で同点に追いついた。

塁上でガッツポーズを見せる塚本

しかし、その後は記録に残らない守備のミスや、挟殺プレーの失敗などで2失点。これが決勝点となり、中大相手に連勝とはならなかった。

リリーフとして力投した向井

試合後石野田主将は「最終的に6点取られてしまったけど、投手陣は頑張ってくれた。7回に勝ち越せなかったことと、終盤のミスがもったいなかった」と唇を噛んだ。それでも「チームの雰囲気は悪くない。明日は皆で勝利を掴みたい」と前を向いた。(海野大輔)