【硬式野球】【硬式野球】田中好投も亜大相手に惜敗

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

東都大学野球1部秋季リーグ戦 対 亜細亜大 於 神宮球場

◆結果◆
青学大000000000|0
亜細亜10000000×|1
 
◆スターティングメンバー◆

1(一)佐野力也
2(遊)小林諭尚
3(左)吉田正尚
4(中)杉本裕太郎
5(指)渡邊友太郎
6(三)安田絋規
7(二)吉田聖哉
8(右)山口雄大
9(捕)猪又弘樹→酒井勇輝
投手 田中一也

亜大との開幕カード第2戦、先発投手は春季リーグでは勝星を上げられなかった、3年生田中一也。
秋のリーグでは、春の雪辱を晴らし、チームの勝利に貢献したいところ。その田中は初回、先頭打者にツーベースを許す。その後2死としながらも、亜大の4番・中村篤人にセンター前へ運ばれ、先制点を許す。
IMG_2013_09_08_0878_2.JPG
早い段階で追いつきたい青学大打線は4回、先頭佐野がライト前へチーム初ヒット。続く2番・小林が、バントで同点のランナーを得点圏に進める。しかし後続が倒れ、同点とはならない。

3回4回と三者凡退に抑えた田中は5回、ピンチを迎える。1死から四球と盗塁、内野ゴロで、2死ながらランナーを3塁まで進められる。続く2番・廣畑の痛烈な打球は、サード安田が正面でキャッチ。無失点で切り抜けた。
IMG_2013_09_08_0968_1.JPG

何とか同点、勝ち越しを目指したい青学大に9回、最後のチャンスが巡ってきた。先頭の代打・酒井は、ショートゴロに倒れるものの次打者・佐野がレフト前へ運び出塁。続く小林が、この日2個目のバントを決めて、2死2塁とする。一打出て同点か、凡退し試合終了か、この場面、チームで唯一の大学日本代表、3番・吉田正尚に託された。しかし、3ボール2ストライクからの6球目の低め直球を見逃し三振でゲームセット。亜大相手に勝ち点を逃してしまった。

粘りの投球で相手打線を封じ込めた田中。終わってみれば、亜大打線を4安打1失点に抑える好投。惜しくも黒星を喫したものの、今シーズンの活躍を予感させる投球であった。

IMG_2013_09_08_0986_1.JPG
そしてこの試合、2安打と1人気を吐いた佐野。大学通算3度のベストナインを獲得した佐野もラストシーズン。青学大の核弾頭が、今シーズンも打線を引っ張り、チームの勝利へと導いていく。(小林侑平)