【レスリング】【レスリング】JOC、3選手が見事入賞!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

JOCジュニアオリンピックカップ全日本ジュニアオリンピック選手権 4月27・28日 於・横浜文化体育館

◆結果◆
フリースタイル
61㌔級 掛川泰史(総1) ベスト8

グレコローマン
55㌔級 堤孔一(営1)  準優勝
63㌔級 山本真聖(済2) 2回戦敗退
67㌔級 下出倭士(総2) 1回戦敗退
72㌔級 谷口空良(営2)  第3位
稲葉洋人(済1) 1回戦敗退
87㌔級 神澤翔(済2)   準優勝
後藤南斗(済3) 2回戦敗退


新体制発足後、初となる今大会。上級生の応援を背に、堤、神澤の準優勝を含む3選手が入賞する活躍をみせた。

掛川泰史

青学大唯一のフリースタイル出場となった掛川。1、2回戦と開始1分弱で決着をつけ、順調にコマを進める。3回戦も相手のすきを冷静に読む落ち着いた戦いぶりで、Tフォール勝ちを収めた。
むかえた準々決勝の相手は本大会で準優勝することとなる日体大・小川。ここまで無失点だったが、開始30秒で4ポイントを取られてしまう。その後もタックルが決まらず、技をしかけることかできなかった。開始2分半を過ぎた所で0-10のTフォール負けを喫した。
準決勝進出とはならなかったものの、大学デビュー戦で見事ベスト8入賞を果たした。

堤孔一


初戦シードでむかえた2回戦。堤は、バックとローリングの連続技を決め、危なげなく準々決勝にコマを進めた。
準々決勝では序盤に口から出血のアクシデントに見舞われながらも、着実にポイントを重ねる。試合時間1分をきるとガードを固め、3-2の一点リードを守りきった。準々決勝では一転して最後まで攻めの姿勢を貫く。相手の連続ポイントで逆転を許すかと思われたが、「絶対勝つ」という気持ちが勝り、9-6の判定勝ちを収めた。
そしてむかえた決勝。相手は過去に何度も敗戦している因縁の相手だ。開始30秒で得点を許すと試合のペースをリードされてしまう。技を決めることのないまま0-6の判定負けを喫した。
惜しくも優勝は逃したが、今後の活躍に期待を持てる試合を繰り広げた。

谷口空良


グレコローマン72㌔級に出場した谷口は、2回戦、準々決勝ともにダイナミックな投げ技で、ビックポイントを獲得した。特に準々決勝では序盤から押される形となったがグラウンドからの投げ技を連続で決め、逆転に成功。迫力のある試合を繰り広げ、14-10で次戦にコマを進めた。
準決勝は互いに点を取り合う展開。3-3の同点で試合を折り返すと、2ピリオドの3分間はかかんに仕掛け合った。しかしこのまま点数は変わらず。ラストポイントを獲得した日文大・菅原に軍配が上がった。決勝進出とはならなかったが、3位入賞を果たした。

神澤翔


グレコローマン87㌔級に出場した神澤。落ち着いた戦いぶりを見せ、順調に勝ち上がる。準々決勝では先制されたものの、ダイナミックな投げ技を決め、逆転でのフォール勝ち。準決勝も連続ポイントを重ね、早々に決着をつけた。
決勝では相手の速い攻撃にポイントを許したが、最後まで諦めずにかかんに攻めた。優勝は逃したものの、大学初の決勝進出に笑みを浮かべた。

他3選手も奮闘したが、2日目の3回戦以降にコマを進めることはできなかった。

山本
下出
稲葉
後藤

フレッシュなメンバーにも活躍の期待が持てた今大会。5月のリーグ戦、明治杯と上級生とともに奮闘する姿が楽しみだ。

(記事=下地早穂子、写真=長尾凛)

 

~以下、選手インタビュー~

堤選手


―総括
自分のやりたかったレスリングが最初からできなかったというのは悔しいです。フィジカル面もメンタル面も足りないところばっかりなので、これからはもっと練習量を増やして向上心を持ってやっていきたいと思いました。

―大学初の大会で2位を獲得。その結果について
組合せがよかったのもラッキーと言えばそうだったので、決勝までは行けるだろうなと思っていました。でも、決勝までの内容がまだまだだったので、決勝も過去に何回も負けている相手だったので、まだ差が縮まらないなと思いました。

―今後の目標
グレコローマン中心でやるんですけど、フリーもやるので両方バランスを考えて、両方強くなりたいです。フィジカル面とかはまだまだ練習量が足りないと思ったので、目標設定をちゃんとして頑張っていきたいと思います。

 

神澤選手


―大会を振り返って
大学入ってからは全国大会で決勝までは残ったことが無かったので、それはとりあえず嬉しかったです。

―決勝の内容について
ほんとにぼっこぼこにやられた感じでした。技術が足りなかったので、技術を磨いてまた頑張りたいと思いました。

―今後の目標
この大会は来年も出るので、そこで優勝を目指したいです。
―5月のリーグ戦では
チームとしては8位以内に入れてなくて3位ブロックになっているので、リーグ予選で2位に入って全体の8位以内にはなりたいですね。個人としては全勝を目指したいです。