【硬式野球】【硬式野球】4番・杉本2発 秋季リーグ優勝へ弾み

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

東都大学野球1部秋季リーグ戦 対 駒澤大 於 神宮球場

◆結果◆
駒澤大000101000|2
青学大00001011×|3
 
◆スターティングメンバー◆

1(一)佐野力也
2(遊)小林諭尚
3(左)吉田正尚
4(中)杉本裕太郎
5(指)渡邊友太郎
6(三)安田絋規→内田遼汰
7(右)熊谷童夢
8(二)吉田聖哉
9(捕)加藤匠馬
投手 齋藤英輔→福本翼

東都大学野球秋季リーグ第2節、青学大は今年度春季リーグ2位の駒澤大学と対戦した。3回まで粘りの投球を見せていたエース・齋藤は4回、四球も絡み1点を先制されてしまうが、5回に4番杉本のソロホームランで同点に追いつく。だが、その直後の6回、先頭打者にホームランを浴び、逆転されるとその後もリズムを崩し齋藤は降板。しかし、2番手でマウンドに上がった福本が9回まで完璧なリリーフをみせる。7回に4番杉本の2打席連続ののソロホームランが飛び出し再び同点とすると迎えた8回、9番加藤匠がセーフティーバントでチャンスをつくり、1番佐野が打球をセンターへ運び勝ち越しに成功。福本は最終回を3人でぴしゃりと締め、青学大は秋季リーグでまず1勝を手にした。
IMG_6344.JPG

齋藤は初回、先頭打者に2ベースを打たれるが球威のある直球で後続を抑える。その後も走者は背負うものの、要所を締めるピッチングで3回まで得点を与えない。しかし4回、四球で出したランナーをヒットで返され1点を先制されてしまう。
4回まで駒大のエース・今永に完全に押さえ込まれていた青学大は5回、「やられていたので、倍返ししたかった」と4番・杉本のレフトへの綺麗な放物線を描くソロアーチで同点とするも後続が続かずその回は1点止まりで攻撃を終える。

6回、齋藤が先頭打者にレフトへの一発を浴びて勝ち越しを許し、さらに2死1・2塁としてしまい、悔しくも降板。だが、代わってマウンドに上がり、「厳しい場面でも準備はできていた」と話す福本がセンターフライで抑え、味方の反撃を待つ。
IMG_6568.JPG

7回には4番・杉本に「公式戦では初めて」と話すレフトへの同点となる2打席連続ホームランが飛び出し4番としての責任を果たす。

迎えた8回、先頭の9番・加藤匠が意表をつく見事なセーフティーバントで出塁し、さらに相手ピッチャーのエラーを誘い2死2塁と絶好の勝ち越しのチャンスを演出する。打順は1番・佐野に帰り、「バットの先だったが押し返した」と、チームの期待に応えるセンター前ヒットを放った。

IMG_6748.JPG

IMG_6757.JPG

7回以降、安定感抜群の投球をみせていた福本は最終回も難なく抑え試合終了。「春は投手陣の責任が大きかった。秋は克服して勝利につなげたい」と福本は意気込む。貴重な左腕として秋季リーグ優勝を目標に巻き返しを図る。(高田綸)

IMG_6821.JPG