【硬式野球】【硬式野球】4年・東條が無四球完封勝利! 連勝で中大から勝ち点

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

東都大学野球1部秋季リーグ戦 対 中央大 於 神宮球場

◆結果◆
青学大000010010 | 2
中央大000000000 | 0
 
◆スターティングメンバー◆

1(一)佐野力也
2(遊)小林諭尚
3(左)吉田正尚
4(中)杉本裕太郎
5(指)渡邊友太郎
6(二)酒井勇輝→吉田聖哉
7(三)安田紘規
8(右)山口雄大→熊谷童夢
9(捕)加藤匠馬
投手 東條大樹

 初戦を野手陣の活躍で勝利した青学大。一転して今日は4年生投手の東條大樹が9回を投げ被安打3で中大打線を無四球完封。大学生活初となる無四球完封勝利が、青学大に勝ち点1をもたらした。

 中大先発は昨日の第一戦でも先発していた島袋。初回から佐野・渡邊・安田ら右打者が安打を放っていたが、序盤は無得点に抑えられる。一方、先発東條は4回まで中大打線をノーヒットに抑える好投。そして5回に試合が動く。

 1死から加藤・佐野の連打で1.3塁のチャンスに2番小林が低めのボール球を引っ張り外野へ運ぶ。この当たりで加藤が生還し、青学大が先制。
20131010%E3%80%80%E5%B0%8F%E6%9E%97%E7%8A%A0%E9%A3%9B.JPG
20131010%E3%80%80%E5%85%88%E5%88%B6%E7%82%B9.JPG

 5回に初ヒットを許した東條だが、ストライク先行の投球で中大に流れを渡さない。先制以降、こう着状態が続いていたが青学大だったが、8回に勝利を確信させる一打が出る。
 8回表、先頭の吉田正がライトスタンドへライナーで運ぶソロホームラン。「あと一点あれば勝てると思っていた。まっすぐしか投げていないのに押されていて悔しかった」という吉田正の一振りでリードが2点に。
20131010%E3%80%80%E5%90%89%E7%94%B0HR.JPG

 今日の東條には2点の援護で十分すぎた。28打者中初球ストライクが17回。投球間隔を早め、相手に考えさせる時間を与えることなくストライクゾーンに投げ続けて得た96球での“無四球完封勝利”。前日に主力3人をつぎ込んでいた投手陣を休める好投だった。
IMG_4020.JPG

 「勝ち点を取れたので、これからはのびのびと青学大の野球をやっていきたい」。試合後に吉田正が語った。残るは駒大との第3戦と拓殖大との1カード。さらに勝ち点を上積みしていく(山田幸永)
IMG_4014.JPG