【硬式野球】【硬式野球】小林のサヨナラスクイズで残留を決める

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

東都大学野球1部秋季リーグ戦 対 駒沢大 於 神宮球場

◆結果◆

駒沢大1010000000 | 2
青学大1000100001x | 3
 
◆スターティングメンバー◆

1(一)佐野力也
2(遊)小林諭尚
3(左)吉田正尚
4(中)杉本裕太郎
5(指)渡邊友太郎
6(二)酒井勇輝→吉田聖哉
7(三)安田紘規→PR鈴木拓夢
8(右)熊谷童夢→PH渡辺郁也→PR山口雄大
9(捕)加藤匠馬
投手 福本翼→東條大樹

順延されていた駒沢大との勝ち点をかけた第3戦は両チームともに二桁安打を放つも、手に汗握る投手戦に。本来の投球ではない先発の福本を早々に諦め東條に継投した青学大が中盤から流れをつかむ。5回に同点に追いつくもその後あと一本が出なかった青学大に歓喜が訪れたのは延長10回。1死満塁から2番小林が見事なスクイズ。3走の鈴木が生還し、残留を決定させる大きな勝ち点1を得た。
20131023%E9%A7%92%E5%A4%A7%E5%8B%9D%E5%88%A9.JPG

初回に先制された青学はその裏、安打の佐野を小林が送って迎えた1死2塁のチャンスに吉田正が同点タイムリー。すぐさま追いつく。
20131023%20%E5%85%88%E5%88%B6%E7%82%B9%EF%BC%92.JPG

3回に再びリードを許したところで先発・福本を諦め東條にスイッチ。試合が落ち着き始めた中盤、青学が同点に追いつく。
5回の裏、先頭小林が気迫のヘッドスライディングで出塁。3番吉田が四球で歩き迎えた無死1,2塁のチャンスで河原井監督が4番杉本に耳打ち。打席に入った杉本が送りバントをすると、杉本が俊足を活かして1塁セーフに。「監督からは、送りバントあるから準備しとけよと言われた。見事に決まった」と自画自賛の杉本が繋いで作った無死満塁のチャンスで現在首位打者の渡辺がタイムリー。同点に追いつく。
20131023%E3%80%80%E6%B8%A1%E8%BE%BA%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%83%A0%E3%83%AA%E3%83%BC.JPG

その後は両チーム得点が入らず、スコアボードに0が並ぶ。そのまま延長に入ったこの試合を終わらせたのは、今季不調に陥っていた2番小林だった。
延長10回裏、先頭安田が出ると鈴木が代走に。山口が送って迎えた1死2塁のチャンスで9番加藤の打球を相手サードがエラー。1番佐野は敬遠で2番小林に打席が回る。初球ボールの後の2球目。小林が寝かせたバットにボールが当たり、内野に転がる。3塁から鈴木が生還。「打席に入る前に準備はできていた」という小林のサヨナラスクイズが見事に決まった。
20131023%E3%80%80%E3%82%B5%E3%83%A8%E3%83%8A%E3%83%A9%E3%82%B9%E3%82%AF%E3%82%A4%E3%82%BA.JPG
20131023%E3%80%80%E3%82%B5%E3%83%A8%E3%83%8A%E3%83%A9%EF%BC%92.JPG

勝ち点0の駒大を下したことで青学大は勝ち点2となり残留が決定。試合後に小林は「東都で残留することは、簡単なことではない」と語った。一歩間違えれば2部との入れ替え戦が現実となる“戦国東都”。来週は勝ち点2で並ぶ拓殖大との試合を迎える。4年生たちにとって最後の大学野球となる拓大戦で、有終の美を飾る。(山田幸永)