【硬式野球】【硬式野球】福本不調 拓大に手痛い一敗

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

東都大学野球1部秋季リーグ戦 対拓殖大 於 神宮球場

◆結果◆

青学大000 011 010 | 3
拓殖大500 000 00x | 5
 
◆スターティングメンバー◆

1(一)佐野力也
2(遊)小林諭尚
3(左)吉田正尚
4(中)杉本裕太郎
5(三)安田紘規
6(二)酒井勇輝→安田大格
7(指)渡邊郁→PH内田遼汰
8(右)山口雄大→PH宮本真吾
9(捕)加藤匠馬
投手 福本翼→岡野祐一郎→田中一也

降雨のため試合が順延され、日程が一日ずれ込んでの拓大との第1戦となった。先週の駒大戦での登板から続けて先発のマウンドに上がった福本であったが、この試合は初回で5失点と前回に引き続き調子の上がらない結果に終わってしまった。その後の回は岡野、田中の継投で無失点で切り抜けるも、5点差をひっくり返すことはできずリーグ3位を懸けた重要な一戦で手痛い一敗を喫した。

IMG_2095.JPG

ゲームは初回から動いた。一回裏1アウトから拓大の攻撃、先発の福本が連打を浴びさらに四球を与え満塁のピンチを迎えると、セカンドへの内野安打の間に1点を先制される。なおも満塁からライト前へヒットを許し2点を追加される。続いてレフトへの犠飛で4点目、さらに死球からの左前適時打と、完全にリズムを崩された福本は拓大の打者一巡の攻撃に苦しめられ、スコアボードには早くも5の数字が点灯してしまう。

IMG_2075.JPG

初回を投げきり、降板を余儀なくされた福本に代わり、右の岡野がリリーフ。岡野は安定したピッチングを続け味方の反撃を待つ。すると5回、酒井に代わって6番セカンドに入った安田大がライト方向へのソロアーチを放ち、反撃の狼煙を上げる。しかし後続が抑えられ、5回が終了して4点ビハインドと厳しい状況が続く。

IMG_2180.JPG

青学大はまたも反撃のチャンスを迎える。六回表、4番杉本が死球を受け出塁すると、すかさず盗塁を試みる。これが相手捕手の暴投を誘い三塁まで進むと5番安田紘の右前適時打で1点を返し、点差を縮める。さらに8回、今度は2番小林が四球を選び3番吉田の二ゴロの間に2塁まで進むと、4番杉本がライトへの適時二塁打で拓大に2点差と迫るも、最終回を3人で切ってとられ試合終了。6回からリリーフし、8回まで粘りのピッチングで無失点に抑えた田中の力投は実らなかった。

IMG_2256.JPG

この敗戦によって、拓大との第2戦で負ければリーグ4位が確定してしまう。4年生にとって最後のリーグ戦をあと2つの白星で飾り3位で終えるのか、連敗で終えてしまうのか。最後の最後まで緊張感を保ち、全力で試合に臨む。(高田綸)