【男子バスケットボール】李相伯盃、初戦に勝利!ナナー、赤穂も存在感!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

第42回李相伯盃日韓学生競技大会5月17日於・名古屋市体育館

◆結果◆

日本77-59韓国

将来の日本を背負うU22日本代表に青学からはナナ―ダニエル弾(国4)と赤穂雷太(総3)が選出。今年も日の丸を背負い、強豪・韓国のU22代表と戦う。

インサイドで活躍したナナー、平岩玄(東海大)とのコンビネーションも見せた

3連戦の初戦となった今日は、試合中盤まで拮抗した戦いに。フィジカルの強い韓国は、「しっかりと当たっていかないと入らない」と赤穂が語ったように、インサイドで日本に簡単にシュートを打たせなかったが、ペネトレイトからのアウトサイド攻撃やブレイクから確実に得点を重ね、リードを保った。第4ピリオドでは、ファウルの増える韓国から着実に点数を奪い、結局大差での勝利となった。

3Pシュートやスティールからの速攻で存在感を示した赤穂

「勝ちにこだわった試合で勝てたのは大きい」とナナーが振り返ったように、勝ち越し、3連勝に向け大きな一勝となった。(竹石季緒)