【硬式野球】【硬式野球】専大打線抑えられず 打線も一安打完封負け

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

東都大学野球 春季2部リーグ 対専大1回戦 5月22日於・サーティーフォー相模原球場
◆結果◆
専 大100120000|4
青学大000000000|0

◆出場選手◆
1 遊 泉口友汰 大阪桐蔭
2 捕 西川尚希 比叡山
3 一 村松慎之介 東京学館浦安
4 指 片山昴星 東海大菅生→南木寿也    桐蔭学園
5 左 恩地偉人 桐光学園
6 二 西川藍畝 龍谷大平安
7 三 山田拓也 東海大相模→鈴木蓮夢    常葉大菊川
8 右 井上大成 日大三→田窪惇     佼成学園
9 中 永山裕真 報徳学園→山本皓大    敦賀気比
P 佐藤和希 大分舞鶴→仲澤龍良 成田

勝点獲得で優勝がグッと近づく今カード。相手は強力打線を擁する専大だったが、その打線を抑えることはできなかった。打っても専大先発の佐藤の前に1安打完封を喫するなど、攻守で精彩を欠いた。

勝って優勝に弾みをつけたい一戦だった

青学大の先発は防御率リーグトップの佐藤。ビデオで打線を研究し、持ち味の低めへの制球を意識して上がったマウンドだったが、今日はボールが高かった。

初回、専大2番の金沢に安打を許し、二死二塁とされると、4番火ノ浦に中前適時打を浴びる。この回の失点には、専大スポーツの八代記者の分析通り、2番金沢の盗塁が大きく響いた。二死一塁から、変化球のカウントでスタートを切られスコアリングポジションに走者を進められた。一発だけではない、今年の専大打線の特徴を見せつけられる形となった。

その後何とか粘る佐藤だったが、5回に寺澤に甘く入った変化球をライトスタンドへ運ばれ、2点目を失う。それでも佐藤は5回まで2失点と、本調子ではないながらも何とかゲームを作った。

先発した佐藤は粘り強い投球も不運なアクシデントに見舞われた

しかし5回の投球時、佐藤の脚に異変が起きた。暑さのせいか、佐藤は脚を攣っており思うような投球ができずにいた。それでも6回のマウンドに気持ちで上がったが「身体が追いついて来なかった」。この回は一死の死球から二安打を集中され、2失点と最後まで粘ることはできなかった。

佐藤は脚を攣りながらも続投したが、最後は力尽きた

打線は専大の先発佐藤の前に僅か1安打に抑え込まれた。チーム唯一ののヒットを放った西川尚希主将は「左打者の外角、右打者の内角への出し入れが上手かった。特に左打者は遠く見えたのではないか」と分析した。

専大先発の佐藤は1安打完封で、今季3つ目の完封勝利

これまで左打者が打線の核として機能してきた青学大にとっては、最も相性の悪い投手だった。今日も7人の左打者がスターティングメンバーに名前を連ねたが、最後まで佐藤からヒットを放つことはできなかった。

外角のボールに空振りする永山。左打者には酷な相手だった

明日の試合で敗戦すると、勝点で専大に並ばれる。試合後西川主将は「まずは明日の試合を勝ちたい。その上で第3戦で佐藤投手にリベンジできたら」と、首位攻防戦への意気込みを語った。破壊力と機動力、今年の専大の強さが全て出てしまった今日の試合。明日以降の戦いでは、いかに専大の攻撃を抑えることができるかがカギになるだろう。(海野大輔)