【硬式野球】【硬式野球】福本先発も…駒大相手に初勝利ならず

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

東都大学野球1部春季リーグ戦 対駒大 於 神宮球場

◆結果◆

駒 大 021 000 020 | 5
青学大 010 000 000 | 1
 
◆スターティングメンバー◆

1(二)小林諭尚→酒井勇輝
2(三)内田遼汰→西村大樹
3(左)吉田正尚
4(一)安田紘規
5(右)小坂井智朗→佐藤将
6(指)渡邊郁也
7(中)久保田大智→山田誠也
8(右)遠藤康平
9(捕)加藤匠馬
投手 福本翼→田中一也→近藤卓也→田村嘉英

4月15日、初戦を迎えた青学大は駒大と対戦。
投手はリーグ戦初先発の岡野。4安打1失点完投と素晴らしい活躍を見せるも、打線が駒大エース・今永の前に奮起できない。最終的にその1点が決勝点となり、敗戦した。

迎えた第二戦の今日、先発のマウンドを任されたのは福本。
2.bmp
2月、練習中に右足首を骨折し、その怪我をおしての出場だった。
結果は1-5と青学大は連敗。春季リーグ初勝利を飾ることはできなかった。

福本は初回から制球が定まらず満塁のピンチを迎えたりと安定感を欠く。
相手に2点を先制され迎えた2回裏、6番渡邊が二塁打を放つと相手のミスで三塁へ。
7番久保田がそのチャンスを逃さず、適時打を打ち、点差を縮める。
3.bmp

しかし、福本の調子は上がらず、4回途中で田中一に交代。
その後近藤、田村とリレーした青学大投手陣であったが、全体で与四球7と毎回ランナーを背負う苦しい展開に。
8回には追加点をあげられ、突き放された青学大。9回には代打の佐藤が二塁打を放ちチャンスメイクをしたものの、万事休す。点差を埋めることはできなかった。
4.bmp

第一カードの駒大戦を連敗で終えた青学大。
しかし、勝負はまだ始まったばかり。次カードは5季連覇中の亜大戦だ。
ここで勝って流れに乗り、なんとしても上位を目指したい。
諦めない闘志を掲げ、まずはリーグ戦初勝利、そして勝ち点獲得を目指す。(大津知世)

<福本選手コメント>
「(怪我の状態は)完治してはいないが、(今日の敗戦は)怪我を理由にできない。責任のある試合で負けてしまい、悔しいです。投手キャプテンとして立て直すためにしっかりやっていきたい。(2年の)岡野がいいピッチングをしているので、4年の自分と田中も頑張っていきます。」