【硬式野球】【硬式野球】投手陣好投も 悔やまれる6回・・・ 亜大1回戦は黒星

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

東都大学野球1部春季リーグ戦 対亜大 於 神宮球場

◆結果◆

亜 大 000 013 000 | 4
青学大 010 000 001 | 2
 
◆出場選手◆

1(指)渡邊郁也→小坂井智朗
2(二)小林諭尚→酒井勇輝
3(左)吉田正尚
4(一)安田紘規
5(中)久保田大智
6(右)佐藤将
7(三)西村大樹→内田遼汰
8(遊)遠藤康平
9(捕)加藤匠馬
投手 岡野祐一郎→田村嘉英→白石猛紘

駒大との今季初カードを2連敗と、厳しいスタートとなった青学大。まずは勝ち点が欲しい2カード目の相手は、戦後初の6連覇を狙う亜大。各投手、存在感を示す投球だったものの2‐4で敗戦。黒星発進となった。

青学大先発は、2年生の岡野。先週に引き続き1戦目での先発となったが、初回からピンチを迎える。2死後、3番藤岡、4番水本に連打を浴び、先制のチャンスを与えた。しかし、岡野は落ち着いていた。この試合、目を引いた力強い投球で5番遠藤を抑え、ピンチを脱した。
テンポの良い投球で、ストライク先行。2回、4回を三者凡退で抑えるなど序盤から好投を続けた。

IMG_2669.jpg

一方打線は2回。4番安田、5番久保田の連打無死一,二塁とチャンスを作る。続く佐藤、西村が倒れるものの8番・ルーキーの遠藤が右前へ運ぶタイムリーヒット。東都リーグ屈指の投手、亜大・山﨑康晃から先制点を奪った。

IMG_2818.jpg

4回まで無失点で切り抜けてきた岡野だったが、5回、二死三塁とし1番野村に投手強襲の内野安打を打たれ、1‐1。同点に追いつかれてしまう。
さらに6回、先頭の2番北村祥治に四球を与え、続く3番藤岡が送り1死2塁。ここで迎えた4番水本に中前へはじき返され、1‐2と勝ち越しを許す。最少失点にとどめたい青学大だったが、5番遠藤、6番板山の場面では、失策が相次ぎ一気に1‐4。相手リードが、3点となってしまった。
ここで岡野は降板。リリーフに同じ2年生、田村が上がる。きっちり抑え、6回を切り抜けた。

打線は、3回以降亜大・山﨑の前にヒット2本にとどまり無得点。3点をリードされたまま、9回の攻撃を迎えた。先頭の4番安田がレフトへ二塁打。この試合猛打賞となる。久保田、佐藤は倒れたものの、続くバッターは途中出場の内田。諦めない青学大ベンチが盛り上がりを見せる。内田の放った打球はサードへ、これを三塁手がファンブル。さらに悪送球となり、その間二塁ランナーの安田がホームイン。青学大が1点をかえす。しかし、反撃もそこまで。2‐4でゲームセット。亜大とのカード1戦目は、黒星を喫した。

IMG_2858.jpg

いい形で先制したものの逆転負け。各投手が落ち着いた投球をしていただけに、6回、相手に試合の流れを渡してしまったのが悔やまれる試合となった。 (小林侑平)