【レスリング】【レスリング】松田、加賀田が3位に輝く!明治杯全日本選手権

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

明治杯全日本選抜選手権 6月13日~16日 於・駒沢体育館

◆結果◆
フリースタイル
70㌔級 松田健悟(職員)= 第3位

グレコローマン
72㌔級 阿部結太(総4)=1回戦敗退
82㌔級 藤井達哉(済4)=第5位

女子
50㌔級 加賀田葵夏(マ4)=第3位
澤田千優(総4)=1回戦敗退
65㌔級 木村夕貴(済4)=第5位

 

日本トップクラスの選手が集結する明治杯。青学大からは職員1名を含む6名が出場し、松田、加賀田が第3位に輝いた。

 

松田健悟

 

初戦で昨年度天皇杯準優勝の瀬野(ゴールドキッズ)と当たる。
少し警戒しすぎたような形になったこの試合は、2-6の判定負け。
「負ける相手ではなかったというのが正直なところ。こういう相手に対して勝ち切るというところをまだまだ磨いていかないといけない」と今後への課題を口にした。

瀬野が決勝へ進んだことを受け、翌日は3位決定戦へ。
モチベーションについては、「負けた試合のことは変えようにないので、その記憶は捨ててというか、切り替えて試合に臨むことができた」。
試合は相手がパッシブポイントを重ね、残り2分の時点で0-2とリードされる展開に。しかしここから松田が魅せる。パッシブから1点を獲得すると、残り15秒でバックを奪い瞬く間に3-2と勝ち越し。

鮮やかな逆転勝利で自身初となる全日本ベスト4入りを果たし、控えめなガッツポーズで喜びを表現した。

 

藤井達哉

 

初戦をシードで向かえた2回戦。藤井は冷静なよみから技をしかけ、ポイントを積み重ねた。開始2分でTフォール勝ちをおさめ、準決勝に進出。今期のJOC杯を制覇している向井(自衛隊)との一戦を繰り広げた。互角の戦いはチャンスを確実にものにした向井に軍配。藤井本人も「グラウンド取った時に返せなかった」と敗因を語り、悔しさをにじませた。

翌日は敗者復活戦に出場した。前日の敗戦からある程度気持ちを立て直すことができたという藤井。反省を生かし、グラウンドでのポイントを獲得する。勢いそのままに勝ちきるかと思われたが、相手も簡単には勝たせてくれなかった。連続で4ポイントを奪われ、惜しくも7-9で判定負けを喫した。

「優勝を目指してやってきた」という藤井は試合後、深く肩を落とした。しかし、次戦にむけて前を向いている。3連覇のかかるインカレで有言実行の「圧倒的優勝」を見せてほしい。

 

加賀田葵夏

今シーズン最初の大会での初戦では、大学1年の吉村(東洋大)を相手に迎えた。試合序盤でタックルを決めるとそのまま押さえ込み、わずか40秒でフォール勝ち。ベスト4進出を決めた。

準決勝の相手は、2016年リオ五輪48㌔級優勝の登坂。2017年度天皇杯でも対戦し、敗れている強敵だ。

第1Pはお互いに探り合う時間が続く。パッシブから相手に1点が入るが、他に得点は与えず第2Pへ。2P開始から30秒で試合が動く。グランドで立て続けにポイントを奪われ、0-7とリードされる。加賀田も負けじとバックを取って2点を返すが、仕掛けたところを逆に崩され追加点を許す。
グランドでの攻防が勝敗を分け、2-9で判定負けとなった。
加賀田は「強い相手だけど取れるところもあった」と悔しさを滲ませた。

翌日の3位決定戦では、初対戦となる吉元(至学館大)と表彰台を争った。
2ポイントを先取した加賀田だが、第2P1分を過ぎたところで左足を取られ失点。スコアは2-2だが、ラストポイントで相手が優位に立つ。
ラスト1分は加賀田が攻める。タックルを仕掛けるが切られ、なかなか得点が入らないなかでも、「正直今日は(ポイントを)取れるなと思っていた」と手応えを感じていた。
その言葉通り、残り時間30秒で相手の右足を取り2点。4-2と逆転に成功する。
最後の相手の猛攻を凌ぎ切り勝利し、3位入賞を果たした。

 

木村夕貴

65㌔級に出場した木村は、リーグ戦で計4試合に挑んだ。初戦は互いになかなか仕掛けられず、パッシブポイントでの得点が続く。残り1分を切り、ギアを入れ替え果敢に攻めたが1-4で敗戦した。3回戦はこの階級の覇者となる環太平洋大・榎本との一戦。序盤から素早い攻めに苦しめられた。2分30秒で決着を付けられ、力の差を見せつけられる試合となった。

木村は今大会勝ち星をあげることはできなかったが、自身初となる明治杯を戦い抜いた。

 

男子グレコローマン72㌔級の阿部、女子50㌔級の澤田は初戦でTフォール負けを喫し、悔しくも敗者復活戦に進むことはできなかった。

 

次戦は8月のインカレだ。学生王者を決める舞台で、今大会の収穫をいかに発揮できるか。より一層強くなった選手の姿に期待したい。

(記事=長尾凜・下地早穂子)


~以下、選手インタビュー~

松田選手


―全日本の表彰台は初めてですか?
そうですね、最高は5番かな。表彰台に上がる前に負けていたので、学生時代も含めて全日本は7回ぐらい出ているんですが、表彰台は初めてです。

―大会を振り返って
自分のことに関して言えば、ベテラン感が出ていたレスリングというか、あまりフレッシュな感じではなかったんですが、勝負に徹したレスリングはできたかなと思います。その中で技も発揮できたし、ここが勝負どころという所でこれまでの経験を活かして仕掛けられたのは自分の中で評価できると思います。でもやっぱり初戦も決して負ける相手ではなかったというのが正直なところで、こういう相手に対して勝ちきるという所がまだまだ磨いていかないと行けないところだと思います。今後に繋げていきたいと思います。
チームに関しては、加賀田が3位に入って、藤井も最後は負けてしまいましたけど5位入賞して、女子2人とOBも1人出て、全体的に僕が学生の時よりは出れるようにはなってはいます。ですが、男子学生の方が多いですから、そこが出られていないというのは寂しいところでもあるので、この後の新人戦やインカレでしっかり出場権をとって、天皇杯では一人でも多く出られるようなチームにしていきたいと思います。

―3位決定戦に向けたモチベーション
いつも試合の時はやっているんですけど、とにかく負けた試合のことは変えようにないので、まあその記憶は捨ててというか、リラックスして、体重にも余裕があったので食べ物食べて、切り替えて試合に臨むことができました。それが結果、よい調整になったんじゃないかなと思います。

―今後に向けて
ほんとは(世界選手権の)プレーオフも出る予定だったんですけど…(笑)。社会人(選手権)も出る予定なので優勝して、今年はもう出られる大会は全部出ようと思っているので、まずは全日本社会人で優勝できるように頑張りたいと思います。

―チームの今後について
リーグ戦がこのあいだよい結果ではなかったので、リーグ戦はフリースタイルの試合ですから、フリースタイルの選手がこういう試合にどんどん出ていくことが、リーグ戦という意味でも順位を上げるという意味でも一つのポイントなのかなと思います。なのでやっぱり、グレコローマンもそうですけど、フリースタイルの選手が一人でも多くこういう大会に出られるような強化の仕方をしていければなと思います。

 

藤井選手


―大会を振り返って
そうですね、毎回言っているんですけど、優勝目指してやってきたので、一日目負けた時にすごくへこんじゃって、まぁある程度切り替えて頑張ろうかなと思ったんですけど、実力が足りなかったと思いますね。

―2日目に向けては切り替えられたということですか?
そうですね、100パーセントの状態にはできなかったんですけど、7割8割ぐらいにはできました。天皇杯の時は負けた後に立ち直れなかったので、ほぼ0の状態だったんですけど、まぁそういう意味ではある程度立ち直れたのかなと思っています。

―準決勝と3位決定戦は2点差での敗戦。この差が生まれた要因はありますか?
1日目に関しては、グラウンド取った時に返せなかったというのが間違いなく敗因の一つでした。あと、そうですね、今日はそこに関しては修正できたと思うんですけど、その後ですね、むだに4点取られちゃうっていう…。あの4点が無ければ、あそこまでグラウンドで競り合うことはなかったので、やっぱりそういうところですね、最後の詰めっていうか、ちょっとしたところがその2点に現れているのかなと思います。

―インカレに向けての意気込み
圧倒的優勝します!!!!

 

加賀田選手


―今大会を振り返って
登坂さんとは一昨年の天皇杯で戦っていて、強い相手だけど取れるところもあったので、もう少しできたかなという悔しさはありました。

―登坂選手との試合で感じた差とは
1Pはお互いに見合っている状態で自分も慎重にいってたり、自分の形でけっこうやっていたところがあったんですが、後半になってからは相手もしかけてくるけど、自分もしかけないといけなと思って少しはやまってしまいました。相手はそういう所を見逃さずに、グラウンドでもワンチャンスをものにしていて、やっぱり強い人なんだなと感じました。

―3位決定戦での逆転勝利について
もともと逆転されることはそんなに多くなくて、むしろ追う形の方が気持ち的にも楽です。2点差とかであれば気持ちも楽で、体も動きやすいので、正直、今日は取れるなと思っていました。初めて戦う相手で、えりさんとの試合も観てて守りとかさばきもうまくて、強い子だとは思っていました。でも、実際に組んでやり始めると、2-2になって追う展開でしたが取れるなと思いながら試合をしていました。

―得点できない時も焦りはない?
1点差や2点差で、ワンテイクダウンで逆転されるときとかのほうが気持ち的にはつらいです。守りもそんなに苦手ではないんですが、気持ち的にはやっぱり追うほうが楽で、試合中に取れるなという感覚はありました。残り1分を切ってからも、相手ががつがつ攻めてくるタイプではなかったので、あと1分あるならいけるなと思っていました。

―次戦のインカレに向けて
大学としての大会が最後になるので、優勝して「良い大学生活でした」と思えるようにインカレは締めくくりたいと思います。