【男子バスケットボール】【男子バスケットボール】オータムリーグ開幕戦 激戦制し白星発進!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

関東大学リーグ戦 8月24日 於・駒沢オリンピック公園総合運動場屋内体育館

◆結果◆
青学大○72-63●大東文化大
1P 14−17
2P 18−9
3P 24−19
4P 16−18

◆スターティングメンバー◆
#21 納見悠仁(総4)
#52 赤穂雷太(総3)
#14伊森響一郎(法4)
#2 斉藤諒馬(国3)
#7ナナーダニエル弾(国4)

待ちに待ったリーグ戦開幕。5年振りのリーグ制覇を狙う青学を開幕から待ち受けるのは昨年度2位の大東文化大、そして因縁のライバル筑波大とのビッグマッチだ。

スタートダッシュを占う昨日の開幕戦、最後まで息の詰まる攻防を制したのは青学だった。#14伊森がフリースロー11本を含め22得点、#21納見主将が21得点と4年生の活躍が勝負を分けた。

第1ピリオド、開始早々大東文化大#15モッチが先制点を取ると青学大は得点に繋げようと積極的なプレーを見せる。#21納見の連続3Pなどもあり逆転。そこで勢いに乗るが、その後大東文化大は着々とゴール重ね流れを作り、リードを広げられる。青学大は何度かシュートを試みるがなかなか決まらず、14-17で3点のリードを許し第1ピリオドは終了。

第2ピリオド、序盤青学大#78渡嘉敷の3Pで同点に追いつくと、勢いに乗った青学大はディフェンスリバウンドやスティール、また相手チームのバイオレーションから攻撃を展開。#14伊森の得点によって再び逆転した。残り時間53秒でのタイムアウト明けフリースローで1点を奪われたものの、このピリオドは32-26で青学大が8点リードして終えた。

第3ピリオド、序盤は一進一退の攻防が続くも#21納見主将のレイアップシュート、#7ダニエルの当たり負けしないプレー、#14伊森のFGで青学大のペースに持ち込む。4年生3人が得点を重ね56-45とリードを11点に広げた。

第4ピリオド開始直後、#78渡嘉敷が3Pシュートを決めると、#27ウィタカも得点。また、大東文化大をファウルトラブルに追い込み#14伊森がFGを着実に決める。相手の激しいディフェンスにも落ち着いて対応して守り切り、72-63と開幕戦を勝利で飾った。(布村優果・大澤実玖)