【硬式野球】【硬式野球】流れを掴み逆転勝ち!連勝でリーグ戦スタート!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

東都大学野球 秋季2部リーグ 対国士大2回戦 9月11日 於·大和スタジアム
◆結果◆
国士大00200000|2
青学大0000501✕|6

◆出場選手◆
1 ニ 山田拓也 東海大
2 捕 西川尚希 比叡山
3 遊 泉口友汰  大阪桐蔭
4 三 片山昂星 東海大菅生
5 指 南木寿也 桐蔭学園
6 中 恩地偉仁 桐光学園
7 右  井上大成 日大三
8 一 亀谷昇平 九州国際大付
9 左 山本皓大 敦賀気比
P 仲澤龍良 成田→北村智紀 龍谷大平安

ここぞの場面の集中力が光った逆転劇だった。2点リードで迎えた6回裏、二死三塁からの4連続タイムリーで一挙5点を奪う猛攻。投げては先発の仲澤が7回途中を2失点で抑える粘投を見せると、リリーフの北村も残りのイニングを危なげなく抑えた。投打が噛み合った見事な試合運びを見せ、開幕カードで勝ち点を獲得した。

6回に同点のホームを踏んだ亀谷

青学大の先発は、1年生の仲澤。「昨日の夜に先発を告げられたが、自分が行く準備はしていた」と、気合いが入っていた。初回はエラーでランナーを背負うが、持ち味のストライク先行のテンポ良い投球で1回、2回を0に抑える。しかし3回、ランナーを1人置いて国士大1番の高部にライトスタンドへ一発を浴びてしまう。「打たれたのはインローのスライダー。良いコースだとは思ったが、相手が上手だった」と、今春通算100安打を達成した好打者の実力には苦笑いだった。それでも、「その後を踏ん張れたことが一番大きかった」。ボールが浮いてきた6回は、ヒットと四球で満塁のピンチを背負うが続投。安藤監督から「ここは投げ切ってこい」と激励を受けると、相手打者を三ゴロに抑え、チームに勢いをもたらした。

先発した仲澤。7回途中2失点で今季初勝利を手にした

仲澤の投球に触発された打線は、6回反撃を見せる。ヒットと死球などで二死一三塁とすると、昨日の試合全ての打線を叩き出した7番井上がライト前へしぶとく運び1点差。

2試合連続のタイムリーを放った井上

続く8番亀谷が左中間へ同点打を放つと、9番山本へ打順が回った。山本は「ここまで調子が悪かった。なんとか三塁ランナーを返そうという気持ちで」打席に立った。1球目は見逃したが、「外角のストレートはどこかで必ず来る」と狙いを定め、2球目をスイングした。ふらふらと上がった打球はセカンドの頭を越える逆転タイムリー。いつもはクールな山本だが、塁上では大きなガッツポーズを見せ喜びを爆発させた。

同点のタイムリーを放つ亀谷

さらに1番山田もセンターオーバーのタイムリースリーベースを放ち、この回5得点のビックイニングで試合を決めた。

1年生の山田は試合を決定づける三塁打を放った

試合前半こそ国士大先発の山田に苦しめられたが、試合の流れを掴みビックイニングを作った青学大が逆転勝利。西川主将は「6回表のピンチを凌いで、勢いが来たと思う。6回はみんな集中していたことがあの攻撃につながった。良い試合だった」と、試合運びには満足げだった。しかし慢心は全くない。「3回の失点も、元はと言えば外野のミスから。リーグ戦はミスをすれば失点に繋がることを改めて痛感した」。

連勝で勝ち点を手に入れた硬式野球部。次戦は9月21日に太田スタジアムで行われる

まずは2連勝で勝ち点を手に入れた野球部。春は優勝へあと1勝及ばなかっただけに、落とせる試合は1試合もない。2014年以来の1部昇格に向けて、一戦必勝で戦い抜く。(海野大輔)